Menu

コストカットを電気料金から行うためにまず知っておくべきこと

生活費の節約を考えた時に、水道光熱費をどのようにしたらコストカット出来るのか考える人は多いのではないでしょうか。特に電気料金は、毎日使うものなので節約なんて出来ないと思われがちですが、実はそんな事はありません。今使用している、電力会社の契約をよくチェックしてみましょう。殆どの人が、契約をする時に何も中身をチェックしないで契約していますが、実は契約アンペアと時間帯割引契約を活用すれば、同じように電気を使っていても、支払う料金に差を出すことが出来ます。今使用している契約プランは、インターネットでも調べることが出来ますし、電話で確認をする事も出来ます。効率よく節約をするためにも、まずは今一度、自分の契約内容を細かくチェックしてみましょう。

時間帯割引契約を知っておけば節約出来る

時間帯割引契約とは、その名前の通り電気を使用する時間帯によって、料金が異なる仕組みのプランです。深夜から朝までの料金の単価が安いプランや夜から朝までの単価が安いプラン、そして土日の単価が安いプランなど、様々なものがありますので、どの時間帯に在宅していることが多いのかというのを、まずは考えてみましょう。そうすれば、自宅にいる時間帯に安い単価になるようにすれば、今までの契約よりもコストカットをする事が出来ますので、無理なくお金の節約をする事が出来ます。ところが、この時間帯割引契約は、特定の時間帯で電力を使用した場合は安くなりますが、それ以外の時間帯で使用すると、割高になっていることもありますので、注意が必要です。使い方次第では、料金が高くなるリスクもありますので、気をつけましょう。

契約アンペアをチェックして変更しよう

電気料金のコストカットをするのであれば、基本料金を下げる事が第一です。1ヶ月で支払う基本料金は、使用するアンペア数によって変わってきますし、当然アンペア数が低ければ低いほど、基本料金は安くなります。ですがアンペア数は、一度にどれだけの家電を使用する事が出来るかというのにも、比例してきますので、料金だけを考えてアンペア数を下げてしまいますと、何かを使用するたびにブレーカーが落ちるといったデメリットが起こります。生活が不便にならない程度で、アンペア数を下げることが、ストレスのたまらない生活には欠かせませんので、むやみに基本料金を下げるようなことはしないように心掛けましょう。まずは、一日の生活を振り返ってみましょう。そうすれば、自然とアンペア数をどれくらい下げられるか見えてくるでしょう。