Menu

電気料金でコストカットする際に知っておくとよいこととは

企業のオフィスから工場、店舗から一般家庭まで電力を使う量が多くなっているとき、どこかで無駄がないか見直しを行うことは大切です。電力自由化となって、料金プランを見直せるようになりましたが、無駄遣いが残っている限り、根本的な電気料金のコストカットにはつながりません。電力会社から提供される電力だけでなく、エコ発電で得られた電力を併用する体制を整えた場合も、一見無駄遣いを減らせたように感じてしまいますが、根本的な見直しを行わなければ、今度はエコ電力を無駄遣いすることになりかねません。普段当たり前に使用していると気づきにくいですが、よく見直しを行えば無駄が見えてくるようになります。ずっとコンセントにプラグを入れておかなければいけないもの以外は、こまめに抜くようにするだけでも待機電力の消費がなくなって大きな違いが出ます。

エアコンで気を付けるべきは設定温度だけではない

消費電力がとても高くなっているのは、企業でも家庭でもエアコンです。夏場に使用するときには、設定温度を高めに使用することが定番になってきましたが、電気料金のコストカットを行うためには、それだけでは不十分です。省エネタイプのエアコンであれば、電源を入れたり消したりせず、ずっとつけたままにしたほうが、消費電力が少なくなります。稼働を始める時がより多くの電力が消費されるからで、一見もったいないような気持ちになってしまいますが、大きな効果が期待できます。夏場に湿度が低い時に、冷房でなく送風でも十分なことがあり、送風のほうが電力を使いません。汚れたまま使うのではなく定期的に掃除を行ったり、人感センサー付きを導入して人のいる場所だけを効率よく冷やすようにすると温度設定が高めでも十分な涼しさを感じられます。

照明の使い方を工夫して無駄を減らす

室内照明は昼間でもつけたままにしておくことが多いですが、これがとても無駄につながります。室内が太陽の日差しで十分に明るいのであれば、消しておくようにしましょう。さらに、室内で使われる照明をすべてLEDに変えると電気料金のコストカットにつながります。LEDに変える際に初期投資はかかってしまいますが、後々ぐんと電力消費量に違いが出てきます。LED照明に交換する際補助金がもらえる場合もあるため、自治体に確認をとってみましょう。24時間稼働しなければならない工場などでは特にLED導入はおすすめです。オフィスではLED導入と合わせて、消灯時間を早め努力も行うべきです。残業で遅くまで電力を使うことがないようにしたり、夜間の仕事がどうしても多いのであれば、深夜電力を使うようにしましょう。